チャップアップ(CHAP UP)で薄毛解消!!

チャップアップの育毛剤で癌になる?

 

チャップアップはガンになるのかをブログや知恵袋で見かけます。

 

ですが、実際は副作用や人体に与える影響はほとんどありません!

 

チャップアップは、生薬成分を中心に天然成分を配合しているので人体に影響はありません。
また、添加物や化学成分も使用していないので人体には無害な商品になっています。

 

一般の育毛剤には、タール系色素・着色料・鉱物油・バラベン・シリコン・香料・合成ポリマー・動物性原料など配合されているものが多く副作用が報告されていますが、チャップアップは頭皮に優しい成分を利用しているので害はありません。

 

稀に頭皮のかぶれ・痒みの症状がでる場合がありますが、一時的であり軽度な症状です。

 

頭皮に刺激を与える育毛剤ではないので、重症な炎症が起きたなどの報告はないようです。

 

小学生でも利用できるチャップアップ!?
公式サイトのQ&Aにお子様でも利用しても問題ないのかと質問がありました。
答えは使用しても問題ないとのことでした。
頭皮にかゆみ・かぶれ・抜け毛が逆に増えたなどの報告はないようです。

 

そもそもガンになる原因は…?!
・発がん性物質が含まれているもの
身近にある発がん性化学物質を摂取し続けると癌になると報告されています。
例えばたばこの煙、アスベスト、排気ガス、食品添加物などが挙げられます。

 

最近発表されたソーセージに発がん性物質(亜硝酸ナトリウムなど)が含まれており1日2本までにしましょう。1日50グラム以上は摂取しないように。とニュースで見かけた方がほとんどだと思います。
癌になる原因は、ほとんどが欧米化された食生活に問題があります。

 

食品を購入する場合は、添加物に注意しバランスよく食事をすることが大事です。

 

・酸化ストレス
活性酸素により、様々な病気を起こすと報告されています。
メリットもありますが、活性酸素が多すぎるとデメリットもあります。
40歳以降から増えやすくなるので、抗酸化作用のある食品を摂取してみたり、運動を取り入れることで活性酸素を増やし過ぎない予防をした方が良いです。

 

癌になりやすい原因はほとんどが生活習慣によるものなので、喫煙・食事・運動不足などに注意することが大事です。

 

最後に…
チャップアップには発がん性物質が含まれていないので、安心して使用できます。
チャップアップを使用しても癌にはなりません。頭皮に優しい成分を使用しています。
チャップアップは安心して使えますね!

 

公式サイトはこちら

 

 

 

育毛剤で発がんしてしまう?

育毛剤とは関係なしに、ありとあらゆる販売品についての心配というのは無数にあると思います。
とりわけ育毛剤もしくは育毛サプリメントなどといった効果的成分が一緒になっている商品においては、これが身体の中に浸透することもあってこそ、身体の中外への作用に関心を持つのは当たり前でしょう。
こと育毛剤に対しましてはそういうふうな薄毛対策法なかのお客の質問や戸惑いを用いて、異常に恐怖感を煽る業者もかなり発生しているそうです。
ウェブ上で過ぎ行くエビデンスやソースが見当たらない情報を抜かりのないように使用し、不安感を煽る行為はどのようなことでも許諾されるものとは違うでしょう。

 

当サイトでは、その手の育毛剤に対しての不安・疑問に関し、公明正大なチェックをとり行った成果をご伝授したいと思います。

 

癌(がん)と呼称するわりに
今日流通しているニセ報道においては、我々日本人の死因でダントツに多いとされている“ガン”と育毛剤を関連付けようとするものがあります。

 

こういった類の報道元が扱う決まり文句には
・育毛剤の成分にガンとなる成分が含まれている
・育毛剤を口にするとガンが発症することもあり得ます
というふうに、さながら育毛剤が作用してガンに陥るのじゃないかと、育毛剤への危険性をあおるパターンが多くあるといえます。
そこの部分、育毛剤を付けてガンになってしまったといった声を発見できれば、公の機関や大手マスコミなどが一斉に知らせているに違いありませんが、日本でそういった記事がアナウンスされた事実はないです。

 

癌(がん)と育毛剤の関係性

確認してみると合点がいくまま、わが国ではなくてアメリカに関しては、育毛剤に活用されている限定された成分(フィナステリド)に発がん性があるかも知れない、とされるニュースがありました。
その段階で仮説の段階でありますので、全般のサイエンティストが宣言しているタイプでもありません。

 

※酷似したパターンとしては、
輸入物のスナックなどに用いられる成分の発がん性=日本ではOK外国ではNGという内容など沢山あります。

 

それに対してフィナステリドの発がん性物質がどのジェネレーションにどのパーセンテージで出現するのか、だという知らせはされず、今日現在日本で認定を完了している育毛剤にはこれといった身体への害もないと想定できます。

 

とにかく発がん性が気掛かりだとなっている育毛剤と判断できるフィンペシアについて
ここにきて、いちばん発がん性がリスクとなっている育毛剤に個人輸入で流通されているプロペシアのジェネリック薬品、フィンペシアが挙げられます。フィンペシアにはお薬をコーティングするキノリンイエローという合成着色料が使われていると言えます。
これの成分は国内では発がん性の疑問をもつ原料品と判断して利用が許されていません。
個人輸入ですから自己の責任による購入となってきますが、どうしても業者側もその部分は対策をしてきており、今はキノリンイエロー不要のフィンペシアも市販されています。

 

米国食品医薬品局(FDA)が警告をしている
アメリカのFDA(米国食品医薬品局)やカナダの保険省ははフィナステリド成分を利用する薬剤には「悪性度の高い前立腺癌が出現する可能性が増加する可能性が考えられる」といった発表をしていて、そうしたものを含んでいる原料品に「注意書き」を明示を実行するようにと公表しました。
どんな風なケースでフィナステリドが前立腺癌に見舞われるのでしょうか?

 

これについては長いスパンでフィナステリド5mgを飲用したというようなケース、そういう類の可能性がアップするとの事。
されどわが国ではフィナステリドの1日につきの最大摂取量は1mgと言われているため、その5倍にあたる量を日々長い期間飲用しないとこれに関する危うさまで到達しません。

 

 

余談ですが、フィナステリドを5mg含む医薬品にプロスカーというお薬がありますが、残念なことにちょうど5mgです。
前立腺癌が発症する可能性は全体の約0.5%と数的には低めのものになっていると言えます。
そうだとしても、生命に関わる問題なのでこの結果が低いのか?高いのか?に関わるのは本人に影響されます。
関係ない話ですが、男性にも乳がんを発症るケースがあるんです。この要因として両親から継承した遺伝子が突然変異し、男性の中にあるエストロゲン増加に関わり乳がんになるというものです
フィナステリド成分が癌に関係するのだとすれば、男性ホルモンを減少させた時反作用として女性化があり男性もバストが膨張することが起こります。非常に低い割合ですが、その影響をきっかけに男性の中のエストロゲンが拡大し乳がんが起こってしまう時もあるようです。

 

ザガーロは2016年6月13日から売り出し開始
育毛剤といえばプロペシアを思いうかべる人もたくさんいるに違いありませんが、2016年の6月13日から新しい医薬育毛剤「サガーロ」というお薬のリリースがどうにか国内で現実化しました。
このサガーロはプロペシアよりも男性型脱毛症を抑制する有効性の高いと期待されるお薬です。そのためにプロペシアとサガーロを対比すると、

 

プロペシア
成分:フィナステリド
5αリダクターゼ1型を軽減させ男性型脱毛症を抑制する。

 

 

 

サガーロ
成分:デュタリスト
5αリダクターゼ1.2型のどちらの方もを抑え男性型脱毛症を抑制する。
この検証のみを目にしてもサガーロのほうがプロペシアよりもAGAを抑制する有効性の高いことが納得できます。
ところがどっこい副作用をみると、サガーロのほうがプロペシアの3倍の数に見舞われていて557例中95例(17.1%)のパーセンテージで副作用に陥る確率がアップします。さらにはプライスもプロペシアよりも約3000円ほど高いのでちゃんと考察して調査するのが賢明でしょう。

 

 

 

 

育毛剤は癌を誘発するとウワサが広がった1つの要因がプロペシアに含まれるフィナステリドです。
人々の間では「育毛剤を活用して癌が降りかかるリスクが高まる」といわれていますが、これについては、アメリカの食品医薬品局(FDA)がプロペシアに留まるフィナステリドにおいて公表した警鐘が要因となって育毛剤=ガンという捉え方が浸透しただろうと考えます。

 

だけれど、プロペシアも一日5mgオーバーを毎日長きに亘り摂取し継続し続けなければ癌へ引き起こされる事実はないです。条件に沿った発症率もごくごく僅か全体の0.5%と実に実に低水準な数値です。
そんなわけですからプロペシアといわれるような医薬品ではない育毛剤の発がん率はほぼありません。一般的に考えてもオーガニック成分が元の育毛剤でしかも地肌に塗布パターンのタイプから癌が生じることは見当が付きません。

 

そもそもハゲはガンになりにくい!
ワシントンユニバーシティである調査がなされました。40代男性の方2000人をターゲットにして癌の起きるリスクを調査したところ、ハゲている人の方が癌を発症る危険が少ないことが明らかになったのです。特に抑止される癌は前立腺癌。これはバッチリとハゲている人ほど危険が少ないというのが伝えられています。

 

頭皮に塗布するミノキシジルの発がん性はどう?

ミノキシジルとはリアップ等に内包される第一種医薬品指定の発毛原料品です。かねてから降圧剤として活用されていたお薬ですが、その中の反作用から体毛が濃くなってしまったり、発毛が起きたため育毛成分としてもてなされる様に変わってきました。
主だったリアクションとしては血管を拡大し、血の循環を活発化させることで毛根の細胞分裂を活き活きとし、毛が生えてくることを加速させます。
もとは降圧剤にすえて活用されていたので、反作用のリスクもあります。例えて言うなら心臓の疾患を保持する方や内臓疾患、血圧が低い方というような人が用いて、症状を悪くさせてしまう可能性があるでしょう。
それらの他にもミノキシジルの副作用で気掛かりとなっているものが血管内皮細胞増殖因子と呼ばれる糖たんぱく質。このようなものは血管を作る折に登場するもんで、血管が見当たらない部分に新規に血管をつくる効果を担当します。
そのために癌や悪性の腫瘍の原因であることが怖れられているが、ミノキシジルタブレットなどは直接飲用するものなので、その可能性を内に持っています。だが、タブレットタイプはわが国では販売されておらず塗りこむタイプオンリーが大正製薬のリアップの中に含まれています。。
塗りこむものであれば、体に腫瘍を作ってしまう危険性が多いに低いため、癌の発症も低くなるものと言えます。